お問い合わせ・資料請求

TRAINERトレーナー紹介

お客様の伴走者として、一緒に考え、行き先を示す。それが、OJTソリューションズのトレーナーです。
豊富な実績を持つ4名のトレーナーの声をご紹介します。

すべての改善は、5Sから始まる。
お客様の変化を感じることがやりがいです。

富安 輝美エグゼクティブ・トレーナー|2014年入社

「トヨタ流の改善を応用できるのは製造業だけ?」と思われる方もいるかもしれません。
しかし実は、改善の基本となる考え方はどの業界においても同じです。
だからこそ私たちOJTソリューションズのトレーナーは、金融機関や介護施設など、多種多様な業界で成果を出しています。
すべての業務改善において基本となるのは、5S(整理、整頓、清潔、清掃、躾)です。
たとえばTPS(トヨタ生産方式)を取り入れるとして、5Sができないままそれを行ってもうまく機能させることはできません。組織に何らかの問題がある時、その問題に気づくためには5Sの徹底が必要です。普段の業務の中にどれだけのムダがあるかを、1秒、1歩、1円のレベルまで突き詰めて考えることができるか。それを問い続けた結果、問題の真因に気づくことができれば、社員の方たちの話す言葉の中身が、必ず変わってきます。そうした変化を現場で感じることが、私にとって一番のやりがいです。
これからも情熱を持ってお客様に向き合い、業務改善をサポートしていきたいと思っています。

  • 富安 輝美
  • 富安 輝美

自分の職場、自分の後輩だと思って指導する。
そんな姿勢を大切にしています。

大嶋 弘エグゼクティブ・トレーナー|2012年入社

トレーナーという仕事は、「他人事」の姿勢では決してできない仕事です。お客様の現場で問題が発生した時、それを見過ごさずに迅速に対応する必要があります。その時に大切なのは、「自分の職場だったら何をするのか」という視点です。私の場合、トヨタ自動車時代に品質不良への対策を行ってきた経験が、問題解決する上での拠りどころになっています。
また、人材育成を行う場面でもそれは同じです。自分の部下だと思って指導しなければ、嫌われることをおそれて本当に言うべきことを言うことができません。トレーナーとしてお客様と信頼関係を築いていくためには、何よりも熱意が必要だと私は思っています。そうした関わりの結果、お客様の変化を実感できた時は、とてもうれしく思います。
ある経営者の方から「大嶋さんの指導を受けて現場がきれいになりました。一人ひとりの従業員が毎日コツコツと現場を整えるようになったからです。その様子を見て涙が出ました」と言っていただいたことが強く印象に残っています。今後も多くのお客様に手応えを感じていただけるよう、努力を続けていきたいと思います。

  • 大嶋 弘
  • 大嶋 弘

組織の財産である「人」を活かす。
そのお手伝いをすることが、私の使命です。

原田 敏男エグゼクティブ・トレーナー|2011年入社

トレーナーとして私がお客様にいつも伝えているのは、目標を持つことの大切さです。「これを実現しよう」という目標を持ち、それに向かって邁進する中で人は大きく成長します。お客様が目標を実現することは、私たちにとっての喜びでもあります。
私は昔から、人を放っておくことができないタイプです。トヨタ自動車時代に部下を指導する場面では、周囲から「それはやりすぎだよ」と言われるくらい踏み込んだ姿勢で接していました。そして今も、悩みを抱えているお客様に対していつでも時間を作って話を聞くなど、踏み込んだ関わりを心がけています。
過去には、お客様から「原田さんは優しすぎる」と指摘されたこともあります。でも私はいつも、「自分がもし相手の方の立場だったら」と考えてしまうのです。「自分がこういうことを言われたら、きっと頑張れるだろう」と、自分に置き換えて指導するようにしています。
企業にとって「人」は、大切な財産です。しかし多くの経営者様が、その活かし方について迷いを抱えておられます。「人を活かす」という、一番大切なことをお手伝いすることが、私の使命だと思っています。

  • 原田 敏男
  • 原田 敏男

どんな組織でも、必ず変わることができる。
最後まで粘り強くお客様と関わります。

岡田 憲三エグゼクティブ・トレーナー|2011年入社

OJTソリューションズに入社する前は、トヨタ自動車で試作車を作る仕事をしていました。長い間培ってきた経験を活かして、新しい環境で力を試してみたい。そう考えてトレーナーの仕事に就きました。私がこれまで関わってきたお客様の多くが、製造業の企業様です。設計、製造、販売などの各部門で順番に改善活動を進めていくと、当初想像していなかったところから重要な課題が見つかることがあります。当事者の目からは見えにくい課題を、いかに見えるようにするのか。その「見方」をお客様と一緒に探すことが、私の役割だと思っています。
トレーナーの仕事はよく、家庭教師にたとえられます。改善プロジェクトに関わる社員の方が生徒であるとして、その接し方に「正解」はありません。ある人にはヒントを与えるだけで良いかもしれないし、ある人には勇気づけるための言葉が必要かもしれません。一人ひとりに寄り添って、最後まで面倒を見る。そうした関わり方の大切さも、私がトヨタ自動車の土壌の中で学んできたことです。どんな組織でも、必ず現状を劇的に変えることができます。そのお手伝いができることに喜びを感じています。

  • 大嶋 弘
  • 大嶋 弘